ダッチウエストジャパン・ウォームアーツ正規代理店/薪ストーブ・ペレットストーブ・ストーブアクセサリ販売 ☎ 0857-30-7320

 

トップ > 薪ストーブ > VermontCastings(バーモントキャスティングス) > バーモントキャスティングス アンコール

バーモントキャスティングス アンコール

価格 : 円(税込)
数量
 
カラー

お気に入りリスト
プロが解説バーモントキャスティングス アンコール


バーモントキャスティングス社を代表するような機種「アンコール」

1986年の発売から30年以上経った今も高い人気を誇るバーモントキャスティングス社の「アンコール」。世界中で愛好者がおり、同社の中でも代表格と呼ばれる機種です。2020年にアメリカ環境保護庁(EPA)が排気ガス基準をより厳しく改変し、「アンコール」も燃焼方式を最新の燃焼方式「フレックスバーン燃焼」に変更され、より排気がクリーンな高性能モデルに進化しました。繊細で美しい格子模様とトップローディング、自動燃焼制御システムなど、嬉しい機能が充実した薪ストーブです。
 
 
 
二次燃焼室火室内の様子


触媒があってもなくても排気はクリア!
ハイブリッド型燃焼方法「フレックスバーン」とは

触媒装置を用いた燃焼方法は排気がクリーンで燃料である薪の消費を減らすことができることが最大の魅力ですが、温度管理に気を配る必要があります。バーモントキャスティングス社のストーブは燃焼室内の空気の滞留をスムーズにすることで、触媒がなくてもアメリカの厳しい排ガス基準をクリアするほどの燃焼効率の高さを確立することができる「フレックスバーン燃焼」を採用しています。触媒装置がなくても使用はできますが、燃費を考えると触媒を設置した方が高燃費なので設置をお勧めしています。

 
 
 
MEMO 触媒装置とは?
セラミック製の触媒装置

触媒装置とはストーブ内の微粒子成分(燃えきらなかった煙など)を触媒反応とよばれる燃焼作用によって低温で再燃焼させることができる濾過装置です。触媒本体の細かな凹凸にコーティングされている貴金属バナジウムやプラチナが煙と触れることで酸化反応を起こし、低温で不純物を燃焼させ排ガスを安全な状態にします。バーモントキャスティングス社の触媒はメンテナンスしやすい箇所に設置されており、材質はセラミック性なのでとても丈夫です。
 
 
 
トップローディング


使いやすいを目指す
バーモントキャスティングス社のストーブ製品。

バーモントキャスティングス社の製品は薪が投入しやすい「トップローディング」という機構が採用されています。火室内の排気を二重構造になっている背面から煙突に流すので天板を開けても煙が逆流することがないので安心です。ストーブ料理が得意なことも大きな特長で、グリル(天板)に火が直接当たるため煮込み料理屋焼き物を楽しむことも可能です。他にも燃焼空気を自動調節してくれるサーモスタット機能つきなので高温燃焼によるストーブへのダメージを未然に回避できるなど、使う人に寄り添った製品になっているのが特徴で、根強いファンが多いのも肯けます。
 
 

Memo ダンパー操作が面倒だと感じたら…
薪ストーブは最初ダンパーを開けた状態で薪を投入・着火し、火室内が十分に温まった状態なったらダンパーを閉めて二次燃焼を促す必要があります。どの薪ストーブも温度計が設置されているので慣れないうちは温度計をこまめにチェックする必要がありますが、機種によっては難しいダンパー操作が必要ない機種もあるので、ぜひ当社でお客様に最適な機種を専門スタッフとご検討することをお勧めします。

仕様

品番 2044
区分 薪ストーブ
燃焼方式 フレックスバーン
最大熱出力(kcal/時) 13,400kcal/h
最大暖房面積 167屐50坪)
燃焼効率 触媒式86%/非触媒式78%
最大燃焼時間 
排気煙量 触媒式1.2g/h/非触媒式1.5g/h
最大薪長さ 55cm

遠方でなかなか実物を見に行けない、相談したいけど電話だけでは不安、部屋や土地を見てもらいたい。
そんな方はぜひオンラインで一度相談してみませんか? Zoomで対面のご相談に乗ります。

オンライン相談室イメージ

薪ストーブに興味があるけど、実物をちゃんと見てから決めたい、ほかのアクセサリなども見て部屋に設置したときのイメージを知りたい。
そんな方はショールームで実際にストーブに触りながら設置イメージをご覧いただけます。

鳥取ショールーム予約イメージ

薪ストーブ関連商品

薪ストーブ関連商品ページへのリンク
ストーブのアクセサリ・消耗品購入ページへのリンク

ページトップへ